So-net無料ブログ作成

中学生からの紹介 [読書]

秋といえば・・・・第二弾。

読書の秋。


移動、そして就寝の際の友、として、また唯一でいいかな??
趣味の読書!!

ただ、なかなかじっくり本屋さんに行くことをしていないので、周りの方、友人、家族からのおススメを
手にすることが多いこの頃です。。


その中に、もう辞めてしまいましたが、以前勤務していた音楽教室の子どもたちがいます[るんるん]
いまだに、交流させていただき、ホント感謝ですが、それぞれ個性がある子ばかりで、
楽しいんですよね[わーい(嬉しい顔)]


その中の一人に、小説家を目指す中学生の子がいまして[ぴかぴか(新しい)][揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]
自ら、本の虫、と呼び、とてつもない量の本を読み・・・・、楽しくないとすぐ忘れる私とは違い、
内容もかなり覚えていて、色々話をしてくれるのですが。。。。


???

となることも、しばしば(笑)


文学小説から、古典も、そしてライトノーベルも[ひらめき]

幼稚園に入る前から、知っていますが、最初は絵本だったのに、ハリーポッターとか、子供らしい
ものが多かったのに、、あっという間に、太宰、山崎豊子、重量感ある作品まで網羅するようになりました。


私は、本は確かに好きですが、定番を少しずつ進めて、あとは気分転換になるものを選んでいるので、
本当の意味での、本好きとは違う自覚がありまする・・・・[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


そんなことも、最近見抜かれまして[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

二つおススメしてくれたものがあります。
そして、まんまと面白く、気楽に読むことが出来ました[手(チョキ)]



ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 文庫



ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫



ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 文庫



万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 文庫



万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 文庫




最初の方は、ライトノーベルなのと、表紙が漫画チックなのですが。
実在の本を読みたくなる、とてもよく作られたエピソードがからんで、
本を読みたくなる、作品です。

有名なものから、海外作品まで紹介されています。


今年の本屋大賞にノミネートされたと記憶しています。


それから、二つめの鑑定士。

なにか、若者向け??なイメージがありますが、実際読んでみると、
私は、あまりそんなことを感じずに、読むことが出来ました[目]

何を読もうか、迷う方は前者を!
そして、すっきり爽快感を重視する方は、後者を!


これからも、また教えてもらって、私の狭い視野が広がることを願います☆

秋の夜長に、皆様も、おススメがありましたら教えてくださいね。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:

逆パターン [読書]

2月に入りました。
寒い寒い毎日が続いていますね。


皆さまは、冬の寒さ対策していますか?

風邪予防していますか?

私は、今年からついに!!腹巻き登場です(*´∇`*)

手放せない、と聞いていたので、困るなぁと思っていましたが(T^T)、そんな事なく、気に入っています(≧▽≦)ゞ


それから五本指のストッキングではなく(笑)かなり薄手のストッキング生地の靴下☆


薄いので、これを履いてからストッキングやタイツを履いています☆

冷え性ではありませんが、スタジオやホールは足元が冷えるので(>_<)欠かせなくなりました。テレビで、誰だったかなぁ?紹介していたそうで、母に勧められて試しましたよ。


この靴下は、夏にご紹介した五本指ストッキングのメーカー、ATSUGIのものですφ(..)


相変わらずお世話になってます♪♪


それから腰に貼るカイロ☆

ピアノを長時間弾いていると、背中が凝ってきます。


ストレッチしますし、接骨院に通いますが、冷やさないのも大事なケアの一つV(^-^)V


夜は、湯たんぽ(笑)


外出はイヤマフラー、にマスク、手袋。


レッグウォーマーは持ち歩きです。


家では加湿器(^-^)/

万全です!


それでも、先週は諸々が終わったからでしょうか、心身ともに安心したからでしょうか‥(;´Д`)


なかなか動きたくない、動けない風邪?冬眠の日々が続きました!!!

体調不良‥(¬з¬)。


そんな時に、何気なく見たテレビ。


ドラマ。

『ストロベリーナイト』

火曜日夜9時です。


一時間があっという間に感じる迫力とドキドキで、久しぶりにいいかもー(*´∇`*)

と興奮。。。



そしたら、原作の小説があるとのこと☆


これは買うっきゃないね(≧▽≦)ゞ


文庫は既に三冊出ています。


三冊ゲットヽ(´∇`)ノ


やる気スイッチは人それぞれだと思いますが、、、


ちょっと眠いなぁ。

疲れたなぁ。

休みたい。


私もこれらの衝動にかられる時があります!

そんな時に、背中を押してくれる魅力的な主人公が出てくると、単純な私は、よし!やりますか?


と、影響されるんですの、おほほ(*^□^*)


しかも!


原作を読んだら、主人公の住まいが、南浦和☆

な、な、な、なんと(☆o☆)


私の地元ー(☆o☆)


今は引越しましたが、こんな事ってー(☆o☆)


と、ますますのめり込んで、一気に読みました!


不思議なもので、仕事柄、各地に様々伺うようになって、昔よりは地名にも詳しくなりつつあります、そんな場所が事件の起きた場所として、書かれていると、想像しやすく、ついフィクションを忘れてしまいました(笑)


私は、初めて読んだ作者『誉田哲也』さん。

警察ものには、こだわり?自信?があるそうで、あとがきに書いてありましたφ(..)


その中に、ベストセラーの『ジウ』という作品もあるようでした。


これも、ドラマ化された過去があります!


いやぁ、引き込まれて、ドラマから原作を手にするのは、初めてのパターンでした(*´∇`*)


いつも、原作→→映画あるいはテレビ。


しかも、原作の方が内容が深く細かく、映像化する際には削られることが多々ありますが、今回は、逆に増やして肉付けされてます!

だから、両方楽しめるのかもしれません( ̄‥ ̄)=3=3


重厚感のある刑事ものをお探しの方、オススメいたします(≧▽≦)ゞ

今日も冷えていますよ(x_x;)


寒いー。。。


風邪っぽかった私が言うのも何ですが、皆さま、お体には気をつけてくださいね。
ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/09/09
  • メディア: 文庫



ソウルケイジ (光文社文庫)

ソウルケイジ (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/10/08
  • メディア: 文庫



シンメトリー (光文社文庫)

シンメトリー (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/02/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(26) 
共通テーマ:

音楽ミステリー [読書]


さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 単行本



おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2011/09/06
  • メディア: 文庫




師走ももう、半ば。。
そして、明日は、[ぴかぴか(新しい)]フォレスタ感謝祭(*^。^*)[ぴかぴか(新しい)]
楽しみです☆

応募くださったすべての皆様に感謝申し上げます。


先月から、あちこちに伺わせていただいていますが、
相変わらず、旅のお供は、本です[目]

紹介していただいたり、お借りしたり、自分で買ったり、様々に手にするのですが、
一気に読み進めたものがありました[exclamation×2]

その名も、上記に掲載の・・・・

「さよならドビュッシー」

「おやすみラフマニノフ」



  繊細なそして、豊かな色彩感のフランス印象派の一人、ドビュッシー。
・・・・こちら、私の永遠の課題???繊細に丁寧に弾く事。
   10代、20代、には、まったく理解出来なかったドビュッシーの良さ。

   少しずつ変化してきて、勉強して、出来るようになりたい、と思うドビュッシー。

   さらには、同じフランス印象派に分類されるラヴェル。

   どちらも、今年までの5年間のテーマとして、取り組んできたものです[手(チョキ)]


  
  そして、愛するラフマニノフ[黒ハート]

 ・・・壮大さと、切なさに、魅了されたラフマニノフ[黒ハート]

 恥ずかしながら、こちらも学生時代は、その良さに気が付きませんでした。
 
 ただ、周りでよく話題になりますし、そうなのかな~??
 程度で、正直、曲もどんなものを書いたのか多くを知らないでいました[ふらふら]

 
 そんな興味のなさは、映画を観ても変わらず[バッド(下向き矢印)]

 
シャイン [DVD]

シャイン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD




私の大学時代に、奇跡のピアニストとして、有名になった映画があります[映画]
この作品の中で、大きなポイントになるのが、ラフマニノフの曲[るんるん][るんるん][るんるん]

  もちろん、映画館で鑑賞しましたが、当時の私の心をとらえることなく、良い映画として記憶していますが、
 ラフマニノフの良さには、なかなか気が付きませんでした・・・[失恋]


 卒業して、自分で課題を選び、練習して勉強していく中で、少しずつ少しずつ知りました。


 好きになるきっかけは、「楽興の時」という組曲の中の1曲。



ラフマニノフ ピアノ作品集第3巻 (ブージー & ホークス社ライセンス版)

ラフマニノフ ピアノ作品集第3巻 (ブージー & ホークス社ライセンス版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2004/03/23
  • メディア: 楽譜




全部で6曲からなるこの曲の4番が、ものすごく好きなんです[わーい(嬉しい顔)]


短調の、影のある音楽から始まりますが、ずっと速いパッセージが動き続け、この曲のテーマとなるメロディーを
導きます!!


そして、このメロディーが繰り返されるのですが、そのたびに、装飾がつけられ、そして一気にクライマックスへと
突っ走る、昂揚感が大、大、大好きなんです[グッド(上向き矢印)]


ただ、この盛り上がりを、実際に演奏するには、けっこう難しくまだ一度も思うように演奏できておりません。

最近は、同じラフマニノフでも、前奏曲を弾いていたので、そろそろまた、こちらに戻って、
仕上げたいな・・(-"-)yと、狙っているところであります。



 ずいぶん話がそれましたが、そんな注目の二人の作曲家の本で、しかもジャンルがミステリー☆
 これは、読まなくて、どうする!!!

  ・・・と、手にして、読みました。


 といいましても、紹介してもらったのですが(+_+)


 一気に、読めました。
 音楽の本や、漫画って、必ず魅力的な先生や、先輩が出てきますよね~~。

 私の先生も、負けずにとっても素敵ですが、こんなにカッコイイ先生がいたら・・・☆
 と、妄想せずにはいられません!!!


 演奏シーン、レッスン風景、学生の迷える気持ち、音楽界の厳しさ。。


 私には、うんうん、うなづくことばかりで、あっという間でしたよ。
 ただ、ピアノ音楽に詳しくなくても、大丈夫だと思いますし、紹介してくれたのも、音楽の人ではありません。


 ご興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。



 追伸。

 まだ、前回記事に返信できて、おりませんが、先にアップします。
 至急、書きますので、お時間ください。
 いつも、ありがとうございます。

   彩
nice!(2)  コメント(13) 
共通テーマ:

秋といえば・・・ [読書]

秋・・といえば、読書の秋でしょ??

ってなことで、私は以前にも増して、読書にハマっています[わーい(嬉しい顔)] 読みたいものがたまっていたせいか、けっこう充実感を感じながら読めています[本]

 ①RUN!RUN!RUN!

RUN!RUN!RUN!

RUN!RUN!RUN!

  • 作者: 桂 望実
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



  これは、以前に読んだ「県庁の星」の作家の方です。織田裕二主演で映画化されたので、ご覧の方も多いかと思います。
  内容を知っていたわけではなく、そういえば、県庁はおもしろかったな~~[ぴかぴか(新しい)]という軽い気持ちで、今度の作品はどうかな?と手にしました[パスワード] 表紙を見ると、学生時代の陸上部かなんかの青春ストーリーかな??っと、誰でも思いますよね[ダッシュ(走り出すさま)]それが、それが、それが、ところがですよ[あせあせ(飛び散る汗)]けっこう、重みがあり、家族の話でもあり、青春話でもあります。

  単純な話ではなく、とても訴えかけてくるものがありました[exclamation×2] 

  また別の作品も読みたい、と思います[目]

 ②さまよう刃


さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/05/24
  • メディア: 文庫



 今秋のドラマにもなるなど、なにかと名前の聞く東野さんの作品。これは、オススメ図書になっていたので、読んでみようと手にしました[手(チョキ)]。簡単に言ってしまいますと、少年犯罪と、被害者家族、そして復習、少年法・・・現在起きている事件で、必ずや問題にあがる事柄を描いています[exclamation×2]そして、その現実を私たちに訴えかけています。投げかけています。読んでいると、実際に耳にする事件と重なり[ふらふら]胸が苦しくなります。

 裁判員制度を控えた今、改めてかんがえなくてはいかない、と強く思います[バッド(下向き矢印)]

 少年だから、被害者のみが救われない現実、人権・・・悲しすぎますよ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 読んでいたら、ハリウッド映画を思いだしました。

評決のとき

評決のとき

  • 出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • メディア: DVD



 ですが、結末は思想の違いか?文化の違いか?別になっています。比べてみるのもいいか、と思います[映画]

 ③ドミノ

ドミノ (文芸シリーズ)

ドミノ (文芸シリーズ)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/07/27
  • メディア: 単行本


 こちらは、あっという間に読めます[ダッシュ(走り出すさま)]
 別々の場所で、それぞれに暮らす人々が、最後に重なっていく、その最後はとてもスッキリできます[ー(長音記号1)]わかっちゃいるけど、スッキリ!という楽しいものです[グッド(上向き矢印)]

 今週末は、また移動があるので、新しいものをよみたいな~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ナイチンゲールの沈黙 [読書]


ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

  • 作者: 海堂尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/09/03
  • メディア: 文庫



 こちら、新潟への移動や、空き時間に読もうと手に入れて・・・あっという間に読んでしまいました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
 やった~~~~[グッド(上向き矢印)]

 これはどうやら、売れに売れているようで、皆さまご存知だと思いますが、「チームバチスタの栄光」の続きですよ[わーい(嬉しい顔)]

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 文庫



 必ずではないのですが、楽しく読み終えた時には最後のあとがきや、解説?も読むようにしています[exclamation]このバチスタを読み終えた時に、続きといいますか、田口先生と白鳥コンビが活躍する物語が出ると聞いて、すぐに読みたいと思っていました[るんるん]
 良い作品に出会うと、同じ作家さんの作品を他にも読んでみようと思うので、こういう情報はとっても嬉しくて・・・[黒ハート]

 今回は、ずいぶん第一弾とは内容が違いましたよ、同じ病院、そして医学の現場の様子がリアルなのは変わらないですが、最後までまったく犯人像が見えなかった前回とは逆の盛り上げ方でした。ですので、私はその詳細がどうなのか、気になって気になって最後まで一気に読みました[ぴかぴか(新しい)]昨日は、課題の新しい練習と、片付けがありましたが、その合間に読み進めると、すぐに進めることができました。

 第三弾もあるそうです。

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/04/07
  • メディア: 単行本



 これもまた、読みたいな~。三回目はどうしてくるのかな~~???
 楽しみです[ひらめき]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

バチスタ読破! [読書]

楽しかった~(*^ー^)ノ

あっという間に読み終えた「チーム・バチスタの栄光」。好きだなぁ、こういう感じ。

惹きつける文章にキャラクターに、何より終わり方が丁寧で、優しい☆

知りたいその後をしっかり描いてあり、嬉しい♪(*'-^)-☆

引越に向けて、準備やインテリアの情報を仕入れよう!と思っていたのに、つい夢中になっちゃった。「ちゃんと予習して」って言われそうだけど、こんな時、仕事がキツくてさぁ…と言い訳出来るって楽ね~(笑)

反対ならプチって怒りがこみ上げるんだろうに、わがままって怖いわ。

ダッシュで駆け抜けた7月の緊張感から解放されたい私にはこれ位のご褒美がなくっちゃね。セールも行かずにいたんだからさっ?。

昨晩からは、師匠の夏の二台ピアノのコンサートのプログラムと解説作りがスタート。辞典を買ってからはずいぶん楽になりましたょ。この週末で完全させなくちゃ。

同時に12月のコンサートの企画・選曲も開始♪嬉しいことに、デュオのお相手、志保ちゃんの復帰コンサートですよ~('-^*)/

こちらはワクワク楽しんでます。素敵なメンバーが揃いました。なので、片っ端からCDや本を聞いて、読むことになりつつあります。

上半期は伴奏が多かったので、下半期は自分の時間に費やしたいな。両方大事なものだから。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

国家の品格 [読書]

読みましたょ、ついに。ずいぶん前に母が買って、貸してくれていましたが、なかなか手を出せずにいました(*u_u)

勝負の7月の最後の課題のコンサートが一昨日、大阪で終わりました♪

練習はキツかったんですが、長い7月もようやく終わりが見えたので、私の中で少し安心感があったようです('-^*)/

やるしかない!といいますか、たくさんあった練習すべき曲も絞られてきたのが、大きいかもしれません。

家での練習の合間、移動の電車、寝る前に少しずつ読み進めました。

予想と違い、読みやすい文章で、項目に別れていますし、何より押し付けがましくなくて、かえって考えさせてくれる印象を持ちました。

共感することも多く、視野の広さ、長期的見解の大切さを感じました。

理屈っぽい私、論理的な文体が好きな私には、ちょっと深呼吸していきなさぃ、と言われている気がしました☆

次は、先輩にお借りしたチーム・バチスタの栄光を読み始めました。異様に難解な言葉を使っているように思いましたが、医学的世界を描くためあえて!なのか、私が無知なだけなのか?辞書片手に進めています(=^▽^=)

でも、おもしろい!スカッとしそうヽ(゜▽、゜)ノ

後半にさしかかりましたよん☆こういう時間が持てることが幸せです。

気分転換がうまくいくと、練習も頑張れそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ドビュッシー読みました [読書]

すぐに眠くなってしまう最近は、なかなか読書が進みません・・・[目] 時間があれば、弾いて弾いてを繰り返していたら、ちょっと右手が疲れていました[あせあせ(飛び散る汗)]痛みは全くないので、ピアノを弾いている時には問題ないのですが、手を何気なくついて、体重が乗った時に、痛いんですね[もうやだ~(悲しい顔)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)] 無駄な力が入って力んでいる実感はあり、弾くのに夢中なので、そのへんのことが、今回の要因かもしれません[パスワード]

 ですが、弾いての痛みはないので、荷物を少なくしたり、軽くなるようにしているので、どうしても移動中の友の一つだった本は削られるわけです[ダッシュ(走り出すさま)]それもあり、昔の本をよみかえしたりする日を過ごしていましたが、ラヴェルの同世代のドビュッシーの本を読みました[グッド(上向き矢印)]


ドビュッシー―想念のエクトプラズム (中公文庫 あ 64-1)

ドビュッシー―想念のエクトプラズム (中公文庫 あ 64-1)

  • 作者: 青柳 いづみこ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/03/23
  • メディア: 文庫



 以前、一度実はトライしたことがあるんです・・・。でも、その時はすぐに眠りについてしまったので、やめてしまいました[がく~(落胆した顔)]ですが、今回は少しは成長したようで、読破しましたよ。そうしたら、案外、学生時代の様子、発言が書いてあって、とっても興味深く読むことが出来ました[ぴかぴか(新しい)]もう、すでに大学の頃には独自の音楽観を持っていて、和声感を持っていて、課題の中にも出していたそうです、でもそれまでタブーとされてきた平行8度や、平行5度を用いていて、当時の教授には「あまりにも幼稚なミスが多すぎる」と指摘されていました。

 ですが、ドビュッシーはミスというよりも、使いたい、はっきりとした意思があったと、書いてありました。もう見つけていたんですね、自分の音楽を[ぴかぴか(新しい)]
 コンクールの金賞を取るために、自分の音楽を封印して、タブーをやらずに、応募して見事、金賞を受賞、受賞者の特典としてのローマ留学や、留学の成果発表など、賞を取ったその後は、すぐに自分の音楽に戻し、批判されていても平気だったり、強固な意志と、要領の良さも感じます。とにかく文学に対する思いが強いようで、あらゆる文学の流れに敏感だったそうです。

 その文学の説明や、作家の名もずいぶん出てきましたが、ここが重点的に書かれているところは、私、睡魔との戦いでした[眠い(睡眠)]かなり、キツかったですね。全然共感せず・・・・[ムード][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]ダメでございました。でも、美術よりも文学とのつながりを感じる内容に、ある意味、驚きを覚えました[ひらめき]

 最終章は、例のダヴィンチコードとのつながりに言及するタイトルでしたが、詳細は分からずでした。

次はこっちを読んで
作曲家 人と作品 ドビュッシー (作曲家・人と作品シリーズ)

作曲家 人と作品 ドビュッシー (作曲家・人と作品シリーズ)

  • 作者: 松橋 麻利
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: 単行本



 もう少し、ォ近づきになれたらいいな~~。

久しぶりに、シリーズもののこちらも読みました


Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



 水の戯れが弾けるようになるまでは、他の本番も含めて、手を休めるわけにはいかなそうなので、弾くことに痛みがない限りは、このまま演奏以外の面でのケアに気をつけなくちゃ[黒ハート] そういえば、最近肩がはあんまり凝ってないかも[グッド(上向き矢印)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

天使と悪魔(ダン・ブラウン著) [読書]

以前読んだ、ダヴィンチ・コードに私はすっごくハマったので[ぴかぴか(新しい)]、本も映画も何回か見ちゃったんですよね。全く、知らなかった世界や、歴史や、美術などが色んな見方がある、というのを、新しい形で知ったので、楽しかったんだと思うんですよね[グッド(上向き矢印)]

 なので、同じ著者の天使と悪魔を読みました。全3巻を一気に!!!

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫



 これまた、知らない事をどんどん吸収していく気がして、ドシドシ進んでいきました。時間があればとにかく読んでいました。睡眠時間を削ってでも読みました[exclamation×2]おもしろかったんですよね~。

 学生時代にやった世界史をもっと、やっておけばよかったな~~なんて珍しい反省をしちゃったりしました・・・[ふらふら] むしろキライだったんですよね。苦手だったからなんですけど・・・[たらーっ(汗)] 地図にも弱かったし、地理が苦手だったから[たらーっ(汗)] でも、20歳でドイツとオーストリアを旅行して、卒業してから、ピアノに対する取り組み方が変わって、歴史や美術との関わりを痛感して、浅くではありますが、ちょっとずつやり始めると、全てがつながっているような気さえしています。

 そんな時期に読んだから???とっても、入りやすくて、ドキドキしたな~[黒ハート]

 次は何にしようかな??
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

毒笑小説 [読書]

やっと、アレコレ抱えていた本番を終えて、絞れて練習できるようになってきたので、とっても優雅な一日を過ごせました~~~~☆★☆これよ、これ、これを待っていたの!!!

 やはり練習するのに、限界もありますし、なかなか趣味の時間を持てずにいたので、何にも新しく取り込むというか、ほぐす、というような時間や感覚がなくって、そろそろ補給、充電しなくちゃ!と思っていた時期だったので、浮気せずに、本命に絞って一筋になるって、心地よい限りですわよ、、、。

 

 なので、かなりかなり久しぶりに洗濯しちゃいました~~尋常じゃない靴下の数でした・・・

あは・・笑えない。。。7キロ洗える洗濯機なのに、2回も回差なくてはダメでしたし、干すスペースがないほどの量でした。コインランドリー行っとけよ!との声が聞こえてきそうですが、無視無視!!!そんな心の余裕がなかったの!!!仕方ないじゃな~~~い。

 ほこりを落としてから、掃除機をかけて、コロコロを転がして、清浄機をまわして、完璧な今日のわたくし。時間があればm、できる子でした安心です

 練習が一区切りした夕方には、念願の読書もしました。

毒笑小説

毒笑小説

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 単行本

東野さんの作品は今まであんまり読んできていません。。

これは短編集になっています。クスっと笑えるというよりも、かなりブラックな視点です。笑えない設定もあるような気が・・・しないでもないような?あるような??でも、かなり独特の設定や展開は、現実を超えている感覚を覚えます。でも、どこにでもありそうな?いや、ないんだけど、・・・という、ブラボ~なものです。東野さん作品初心者なので、他も読んでみないと、どうなのか分かりませんが、視点がおもしろいな、というのが印象に残りました。短いのえ、寝る前の読書なんかにはぴったりだと思います。

 そして、こちらも読みました。

名探偵の掟 (講談社文庫)

名探偵の掟 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 文庫

こちらも、やはり書く視点が独特です。が、私はあんまり好きではありませんでした。

 ハズして書いているかんじが、良いと感じるか好みがすごく分かれるように思います。

次は、映画にもなった奥田英郎さんの「サウスバウンド」に取り掛かります

サウス・バウンド

サウス・バウンド

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/06/30
  • メディア: 単行本

あっ!でも、練習に余裕はないですよ、かなり弾き応えのある曲が3月に控えているので、より一層の努力が必要です。デュオですから、足を引っ張るわけにのイカンのです

自分の時間も持ちつつ、さすがに洗濯はマメにしたい・・・


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:
メッセージを送る