So-net無料ブログ作成

7月のコンサートのご案内

7月のコンサートご案内

ずいぶんと、暖かくなり、もうコートも手袋もマフラーもタイツも!!!さすがに必要なくなりましたよね(*^^*)



最終の衣替えを、そろそろ完了出来そうです!!!


昨夜は、かなちゃんのジョイントリサイタルへ行ってきましたよ、翠ちゃんと♡
朝から仕事で、ドタバタ過ごしていましたが、優雅な時間になりました〜〜。



とにかく素晴らしかったです。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


過酷なスケジュールの中、ずっと勉強していたので、その努力はやはり実を結びますね!!



素敵な音色や、楽しいリズム、豊かなハーモニーを存分に味わってまいりましたー。



私も頑張ろう!!!
٩(^‿^)۶


さて、今回は7月のコンサートのご案内をさせてください。



7/9の日曜日のお昼。


高校・大学の同級生と勉強し続けているアンサンブルのコンサートです。

トリオフルールの第6回となるコンサートです!!


昨年の5回が節目で、ここから新しい勉強!と、先生にも言われております。



それぞれがソロとアンサンブルと、演奏予定です。



まず、私はショパンのバラードより第2番。
美しくはかないメロディー、ピアノの詩人ショパン!!らしい、冒頭の音楽は、それだけで優しい気持ちになります。



それが!!!
突如として、荒々しくエネルギーが溢れ出します。



ショパンという人は、実は誰よりも怒りや嘆きや苦しみを内に秘めた人だと、感じます。



一見、柔らかくて、繊細で、美しいのですが、ドロドロとすら思われる一面が顔を出すんです。



この裏側に触れられたような気がする瞬間、、、

とてつもなく、惹かれてしまい、、、
いつまでも片想い(笑)


みたいな感じなんですよ。


リストのようなキラキラした華やかさや王子様具合も大好きなのですが、こっちもイイーーーー。



そんな私の片想いが実るのか、見守っていただけましたら幸いです。


ヴァイオリンの恵理ちゃんのソロは、イタリアの作曲家、タルティーニの「悪魔のトリル」。



悪魔、、、
と聞くと、おどろおどろしい曲を想像されるでしょうけれど、この曲は、とても美しく切ない曲なのです。


タルティーニが、夢の中で悪魔に会い、その悪魔が演奏していた極上の音楽を、目が覚めてから必死に思い出して書いた!!と、言われています♡



タルティーニの傑作と言われており、ヴァイオリ二ストの重要なレパートリーの1つです!
どうしましょ、この曲も好き(笑)


ぜひ、恵理ちゃんの泣きのヴァイオリンを期待してくださいね!



フルートの聡ちゃんのソロは、日本の作曲家、平尾貴四男さんの「ソナチネ」です。



音階や響きが、ザ・日本です!!!
高度なテクニックを必要としていますが、やはり日本の響には、馴染みを感じるせいか、初めて聴く感じがありません!!!



お琴、尺八、鼓、など、和楽器を連想させる音符の数々です!!


とても面白い曲ですよ♡



アンサンブルでは、各国の民謡などをテーマに、有名ところを並べています。
ヽ(*^ω^*)ノ


ハンガリー舞曲
アメージング・グレース
ロンドンデリー
アルプス一万尺



などです!
おそらくこれらは、みなさまよーーくご存知ですよね。
フルート・ヴァイオリン・ピアノのアンサンブルではどんな音楽が出来るのか、しっかり準備していきたいです。



2017年7月9日
14:00開演/13:30開場
音楽の友ホール

全席自由3500円

チケットのお申し込みは、カンフェティです。
①お電話0120-240-540
平日の10→18時までです。

②メール
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=36332&




お問い合わせは、ファックスもしくは、メールにてお願いいたします。

ファックス
→048-234-7438 トリオフルール事務局

メール
→trio3fleur@gmail.com



7月は、きっと暑い夏真っ盛りの頃ですね!
まだちっとも想像出来ませんが(笑)、
今年も駆け抜ける夏になりそうで、気合いが入ります。


ご都合よろしければ、ぜひ聴いてください。
お待ちしております。
2017-05-10T08:01:57.jpg2017-05-10T08:01:57.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

ykss

こんばんは

国立音大の同級生とのコラボで開催された山元さんのリサイタル、お二人共力強い演奏の中に大きく感情の動きを表現されて思わず引き込まれて行きました。

山元さんの「ロミオとジュリエット」、10曲のタイトルがほぼ物語通りに並び、激しい開始から悲劇の結末まで感情の起伏が鮮やかに表現され素敵な時間が流れました。

会場は Dual Nature を毎回開催されているお馴染みで素敵な会場。
多分お二人も来られているだろうと思っていましたが、小心者でジロジロ見回すこともできず、舞台のみに釘付けでした (^^;)

来月の戸塚、我が家の生活圏とは異なる戸塚のようですが、ワープすればたどり着けそうなので伺う予定です。(10円玉100枚程持参で・・)
山元さんとのコラボ、楽しみです。
by ykss (2017-05-12 23:55) 

ひでまる

あやさん、こんばんは。

フルールの定期公演も6回目。
初夏の定番になりましたね。
3つの大輪が咲くステージが目に浮かびます。
もう少し大きなホールでもいいのに、
と勝手に思っているんですが……

今週はフォレスタ、地元での開催ですね。
あやさん、どんな挨拶するんでしょうか?
楽しみです。
と言っても、直接聴けるわけではないんですけどね(笑)
ブログへのアップ、期待しています。

by ひでまる (2017-05-15 00:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る